aws運用代行の料金はどのくらいかかる?

awsを安定運用するために代行会社に依頼したいと考えている方もいるでしょう。aws運用代行会社に依頼すると24時間体制の監視もすることが可能で、必要な運用項目を選んで依頼できます。awsを活用する上で重要なサポートになりますが、どのくらいの料金がかかるのでしょうか。

この記事では内訳の項目ごとに料金の相場を解説します。

awsの運用代行にかかる料金の項目

aws運用代行会社に依頼するときにかかる料金は細分化して考えるのが大切です。細かく項目ごとに見てみるとaws運用代行の全体像がわかり、リーズナブルな料金で依頼することができるようになります。多くの運用代行会社では依頼内容をカスタマイズできるようになっているからです。

自社で運用できる部分は自社でおこない、負担の大きい部分を代行会社に依頼することもできます。パッケージ化されているプランを選んで、ほぼすべての運用を代行してもらう選択肢もあります。その費用対効果を考える上で欠かせないのが項目別に相場を考えることです。

awsの運用代行にかかる料金の内訳を見ると、一般的に初期費用と運用代行料金が挙げられています。この他にコンサルティング料金やオプション料金が加算されている場合もあります。代行会社によって項目の名称には違いがありますが、大まかには運用代行を依頼したタイミングでかかる料金と月額料金に分けることが可能です。

以下ではそれぞれの項目について概要と相場をわかりやすく解説します。

aws運用代行の初期費用の相場

aws運用代行の初期費用の相場は1インスタンスあたり10万円が相場です。(参考リンク … AWS運用)

初期費用はawsのインスタンスの設定をして、今後の運用をする上で必要な体制を整えるのに必要な作業の対価として支払います。多くのaws運用代行会社ではaws用に最適化された自動監視システムなどの有用なツールを持っています。

最初にインスタンスに合わせてセットアップし、テストをして動作確認してから運用を開始するのが一般的です。この一連の作業をするのにかかる料金が初期費用です。また、通常は契約手続きなどにかかる料金やエンジニアの出張料金なども初期費用に含まれています。

初期費用は0円という代行会社もあります。セットアップに工数がかかっているので無料なのはおかしいと考えるでしょう。初期費用無料の代行会社では最低契約期間が半年以上、1年以上といった形で定められていて、後述の月額料金で利益を得るビジネスモデルにしています。

初期費用がかからないのはawsの運用開始時点でのコスト削減には有効でしょう。ただ、その分が月額料金に上乗せされているので、長期的に見るとコストアップになる可能性があります。10万円くらいが料金相場ということを念頭に置いて、月額料金と合わせて他社と比較して考えるのがおすすめです。

関連記事:aws運用ツールの種類と特徴は?選び方も紹介!

aws運用代行の月額料金の相場

毎月請求されるaws運用代行料金の相場は1インスタンスあたり2万円から10万円程度です。ボリュームゾーンは3万円から5万円くらいになっています。awsの運用代行ではサーバー監視が最も基本となるサービスです。

死活監視やディスク容量監視などの基本的なサーバー監視のみであれば2万円くらいから利用できます。しかし、カスタマイズして監視項目を増やしたり、awsのコスト削減も考慮した積極的な運用を依頼したりすると料金は高くなります。

awsの運用代行会社が月額料金を提示している場合には、その枠内にどのようなサービスが含まれているかを確認することが大切です。必要なサービスが過不足なく含まれていればリーズナブルな料金で利用できる可能性が高いでしょう。

基本的には運用代行を依頼する内容が多いほど料金は高くなります。ただ、依頼先の運用代行会社が自動化のシステムを構築している場合には、運用コストを下げられるので料金が下がる場合もあります。基本的なサーバー監視や保守以外にも依頼したいときには会社間の料金差が大きいので注意しましょう。

関連記事:awsの運用方法は本で学ぶべき?メリット・デメリットを詳しく解説!

aws運用代行会社によるコンサルティングの相場

aws運用代行会社にはコンサルティングを依頼できます。コンサルティングを受けると運用方法を改善したり、環境を調査してレポートしてもらったり、コスト削減の戦略を提案してもらったりすることが可能です。コンサルティングによるサービス範囲は会社によって大差がありますが、料金相場はあまり大きく違いません。

月額料金で5万円から10万円くらいが一般的になっています。月に1回か2回のミーティングをして、現状の報告に基づいて提案をしてもらいながら運用改善を図るのが典型的なやり方です。スポットでの対応では2万円から5万円くらいが相場になっています。

運用代行と併せてコンサルティングを依頼すれば初期費用はかからないのが普通です。ただ、運用代行は別会社に依頼していて、コンサルティングを新たに依頼する場合には初期費用がかかる場合があります。現状調査にかかる費用が主なもので、5万円から20万円くらいが相場になっています。

コンサルティングを依頼するならawsの運用代行を依頼している会社を選んだ方がコストを抑えられるでしょう。運用代行の契約をして良し悪しを見極めた上でコンサルティングの契約をするというやり方もよく選ばれています。

aws運用代行のオプション料金に注意

awsの運用を代行会社に依頼するときには基本料金とオプション料金に注意が必要です。基本料金が安い運用代行会社ではプランに含まれている作業内容が厳しく限定されている傾向があります。オプションが多数設定されていてカスタマイズできますが、オプション料金がかさんでしまってトータルの月額料金が高くなることがよくあります。

初期費用についてもインスタンスの作成から対応してくれるサービスを選ぶと料金が数十万上乗せされるのが一般的です。aws運用代行を依頼するときにはオプションの内容を確認して、必要なオプションの料金の合計がどのくらいになるかを計算した方が良いでしょう。

オプションの選択によってどこが安いかが変わるので、過不足がないサービスを受けられるようにするのが重要です。

関連記事:awsのlambdaを運用するメリットは?拡張機能の魅力も紹介

aws運用代行の料金は細分化して考えよう

awsの運用代行を依頼するときには料金を細分化して考えて、費用対効果の高い代行会社を選びましょう。運用代行料金は初期費用と月額料金に大きく分けられます。月額料金は依頼内容と代行会社が持っている技術によって左右されるので、過不足がないように依頼したい内容を決めて効率的な運用ができる会社を選んで依頼するのが大切です。